スタッフブログ

3か月点検にお伺いしました

ココチの家スタッフのあべです。

寒かった冬も終わり、すっかり春ですね。

先日、12月にお引き渡しさせていただいたお客様の3ヶ月点検にお伺いさせていただきました。

室内にあがらせていただくと、おうちの中はまさに快適温度で、家中ほとんど温度差がありませんでした。

室内をひと通り点検させていただき、今回は小屋裏と床下の点検もさせていただきました。

天井の点検口からあがると、小屋裏はふわふわに吹き込まれた断熱材の世界でした。
そして驚いたのは、その暑さです。
天井裏に上がった途端、室内の快適温度と違うサウナのような暑さを感じました。

一同思わぬところで汗をかく温度でした。

室内の温度と比べると、改めてこのふわふわの断熱材の力を感じます。
この暑さが断熱材なく、直接室内に伝わったらきっと夏だととんでもない熱気になりますよね。

はしごを降りた後のすーっとした空気感にほっとしました。

そして、床下の点検へ。
こちらは開けてみると逆に冷気があがってきました。
でもこのおうちの床は冷たさを感じない。

やはりここでも断熱の力を感じました。
暑さ寒さをガマンしないためには、断熱が大事なんだと改めて実感しました。

家の見た目にはわからないですが、お施主様が快適に暮らすために大事なものを見せていただきました。

その後も順調に点検させていただき、3か月点検を無事終了させていただきました。

お読みいただき、ありがとうございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小屋裏の断熱の様子

 

 

4月の家づくりセミナー

ココチの家スタッフのあべです。

 

桜のつぼみも開きかけて、春を感じられるようになってきましたね。

あっという間にピンクに染まるんだろうなぁと今から楽しみです。

ココチの家のホールでは、様々なレッスンが行われていて、

連日とても楽しそうな声が聞こえています。

 

私も時々、レッスンに顔を出させて頂き、ご来場の皆さまとお話しさせて頂く中で

前回のブログに書かせていただいている我が家の換気の体験談についても

少しずつですがお話させていただいています。

 

「家族の健康のために大切な換気」

 

目には見えないからなかなか気付けないですが、

私自身、体験することでその大切さに気付くことができました。

 

 

ココチの家の家づくりセミナーでは、

家族が健康で楽しく暮らすために、押さえておきたい家づくりのポイントを

お伝えさせていただいています。

 

これから家づくりを考えられている方にぜひ受けていただきたい内容が盛りだくさんです。

 

次回は、4月23日(日)です。

セミナー案内

 

おしゃべりな息子の復活

ココチの家スタッフのあべです。

少し暖かくなったと思ったら、今週はまた寒くなる・・・

まさに三寒四温ですね。

 

我が家の8歳・4歳・8か月の子ども達。

毎日とてもにぎやかなのですが、急に静かになる時があります。

 

それは真ん中の息子の体調不良です。

 

彼は普段からにぎやかなので、体調を崩すと途端に

家中静かになってしまいます。

赤ちゃんの時から体調を崩しやすく、咳や鼻水がしょっちゅうで

時にはぜん息を起こす事もありました。

夜中に咳き込んだり、ぜーぜーとすると病院へ行き、薬をもらうものの

すっきりするまでに1週間以上かかることも多く

「どうしてこんなに病院通いが続くんだろう?」という思いがずっと

ありました。

 

前回のブログにも書きましたが、

そんな時、ママ建築士である原田に相談し、家の環境が健康に与える影響に驚きました。そして、換気を改善するための対策(ダニ対策)を試みはじめました。

 

現在、そこから1ヶ月半ですが真ん中の子は病院に行くことがなくなっています。

3ヶ月以上飲んでいたアレルギーの薬も今は飲んでいません。

毎日元気に保育園に通ってくれることが、私は何よりも嬉しいです。

 

ママにとって、「子どもが健康でいること」って本当に大事ですよね。

もし同じような悩みをもっていらっしゃる方がおられたら、1度現在の家の環境についても見直されてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

我が家の換気対策 ~更なる試み~ 2016.2.21

ココチの家スタッフのあべです!

まだまだ寒い日が続きますね。

今日は出勤途中に見る雪山がとてもきれいでした。

 

先日から色々と書かせていただいている我が家の換気対策の続編なのですが、

会社で色々アドバイスをいただき、前回の換気方法を見直して、更なる試みをしています!

 

まず、我が家が細長い形状という特徴から、「中途半端に機械換気を意識するより、換気口をとって浮遊粉塵対策をする方法がよい」とのアドバイスをいただき、簡単な方法で換気口を作り、常時換気できる状態になりました。

 

そして暖房器具については、これまではリビングでガスファンヒーターとエアコンを併用していたのですが、1Fはエアコンと風の出ないガスストーブ、寝室はオイルヒーターに変えてみました。

 

すると、

2F寝室については、前は65%ほどあった湿度が50~60%をキープしている状態に改善しました。二酸化炭素計も以前は寝ていると次第に濃度が高くなり、アラームが鳴るほどだった(2000ppmで鳴り出します)のですが、この換気をはじめてから鳴らなくなりました。

 

北側の常に70%を超えていた部屋も65%までにおさまるようになっています。

1Fリビングはあまり変わらず30~50%台なのですが、乾燥しすぎて風邪をひかないように加湿器で調整しています。

 

家の中での湿度差は当然ありますが、以前に比べると数値も改善しているし、個人的な主観になりますが、以前のようなこもった感じがなく、子ども達の体調もかなり落ち着いていることを実感しています。

 

あとは、この冬の暖房費だけが心配です(笑)

そのあたりはまた後日報告させていただきます。

 

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

同日同時刻の湿度計です

DSC_1290
1階リビング
DSC_1292
2階寝室
DSC_1291
2階北側

 

 

 

我が家の換気の改善、寒さとの戦い

ココチの家スタッフのあべです。

先日のブログで我が家の換気対策について書かせていただきました。

湿度を60%以下にするためにやってみたこと。

・キッチンの換気扇を常時まわすこと

・2階の小窓を常時開けておくこと

・朝2階の対面にある窓を開けて風を通すこと

色々やってみて、多少の効果はあるものの、この冬に持続させるのは

かなり大変でした。

 

それは「寒さ」です

 

換気扇をつけること、窓を開けること、どれも冬にやるのはかなりつらいです。

我が家では、上記のこと以外にもダニの温床となるじゅうたんとホットカーペットを取りはらったのでますます寒くなってしまいました。

湿度を上げるガスファンヒーターからエアコンに暖房を切り替えようかと思いましたが、寒くてとてもできるような環境ではありませんでした。

家中の湿度をコントロールすることって、難しいものなんですね・・・

どうやら我が家で家中の湿度をキープしながら暖をとるのは、相当の労力と暖房代がかかりそうです。

今回のことで現状を把握できたので、これからも家族の健康を求めてできることを探してやっていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

またご報告させていただきます。

スタッフ あべ

我が家の換気の改善、途中経過報告

ココチの家スタッフのあべです。

先日のブログで我が家の子ども達の健康に関わる湿度のお話をさせていただき、

「こんなことでめげてはいけない!」と、社長の原田に指導していただき、「やれることはやってみよう!」と、現在悪戦苦闘の日々です。

家は、こういうことを起こすことがあるという参考にしていただければと思い、状況をお伝えさせていただきたいと思います。

 

まず、我が家は築20年ほどの一戸建てなのですが、リビングなどの共用スペースは1階、寝室は2階にあります。

この2階の部屋の湿度が70%超えをしているということがわかり、その原因は何かと

考えることからスタートしました。

そのために、家電量販店で新たに湿度計を購入しました。(1000円前後で購入することが出来ます)

そして計測を始めると、天候により差こそありますが、だいたい1階は40~50%前後、2階は70%ほどの数値になっていました。

 

「1つの家でこんなにも湿度差がある?」

測ってみてわかる現実・・・

 

原因:2階は間違いなく換気不足であろうとのこと。

(我が家の2階に換気扇はありません)

 

対策として、原田の指導の下、1階のキッチンの換気扇を常時弱でまわし、2階の階段横の小窓を常時あけておくことにしました。

(吸気と排気の位置関係がとても大事で、どこでも開ければ換気が上手くいくというものではないとの事)

 

キッチンの換気扇は24時間ではないので時々切れていてスイッチをいれなおしたり、

2階の小窓は家族によって時々閉められたりはありましたが、現在2階の湿度が63%

以下に落ち着いてきています。

 

そして、会社から二酸化炭素計を借りて計ってみると、こちらも就寝時以外ほとんど無人の2階がかなり高く(1800PPM)、人が多い1階(1300PPM)の方が低いという結果になり、いかに空気が汚れているかがよくわかりました。

※二酸化炭素については、1000PPMを超えると、眠気等人体に影響があると言われ、建築基準法でも1000PPMを超えない換気をするようにとされている。

 

おそらく二酸化炭素が高い原因は暖房にガスファンヒーターを使っていることにより、湿度が階段を伝って2階へ上がっていると考えています。

暖かい空気は上昇するので、上に上がり、2階が換気できていないことにより、湿気の逃げ場がなくなり70%まで

湿度が上がってしまっている状況が、ダニやカビにとっていい環境を生んでしまっていたようです。

心配していた、末っ子の喘息も納まりましたが、現在はダニの原因を除去したために、寒さと戦っています。

ダニの原因の除去は次にお話しいたします。

 

しばらくは、温度・湿度・二酸化炭素計とにらめっこしながらの日々が続きそうです。

 

またご報告させて頂きます。

ありがとうございます

ココチの家 スタッフあべ

 

目からうろこ

ココチの家スタッフのあべです。

新年になり、皆様いかがお過ごしでしょうか?

我が家は8歳・3歳・0歳の子どもがいます。

この季節は1年の中でも特に体調を崩しやすい時期

なのですが、下の二人はよく体調を崩しています。

今までそれが当たり前で、冬になると心配事が多かったのですが、

先日ふと社長の原田にそのことを相談すると、

「家の湿度は?」「換気はできているのか?」

とたずねられました。

 

「?」思いもよらなかった質問でした。

そして、そういえば寝室の空気清浄機の湿度は73%と表示されて

いたのを思い出し、それを伝えると、

「原因はそれや!」とのこと。

湿度が70%を超えているというのは一大事だったのです。

アレルギーの原因となるカビやダニにとって生育する抜群の環境らしいです(涙)

我が家の寝室には換気もできておらず、知らず知らず、ダニやカビにとって最高の環境を作り出してしまっていたようです(大涙)

 

原因はそれだけではないかもしれないですが、家の空気環境から家族の健康を

考えることに目からうろこがおちた瞬間でした。

自分の不勉強を反省し、これからもっと勉強を重ねなければと新年から思いを新たにした日でした。

 

今週末にココチの家では、ママ建築士による家づくりセミナーを開催させていただきます。

どんなことでもお気軽にご相談いただける内容となっておりますので、是非ご予約の上、お越しくださいませ。

ありがとうございます。

 

ココチの家 スタッフ あべ

家づくり

 

大事な体感談 2016.12.28

いつもお読みいただきありがとうございます。

ココチの家スタッフの安部です。

今年ももうあと少しですね。

 

本日は先日新築されたY様邸にお伺いしました。

いつも温かい笑顔で迎えていただき本当にありがとうございます。

 

新居にお引越しされたお施主様、今回はとっておきの体験談ならぬ、

体感談をお聞かせ頂きました。

 

「あったかいです」

と、開口一番に言っていただきました。

 

そして、

「床が冷たくないのでご主人様は素足で過ごされている」

 

「冷え症が気にならなくなった」

 

「布団の入りたての冷たさがないのがいい」

 

など、毎日の生活のなかでのご感想を沢山教えていただきました。

家の温度差があることによるストレスは結構あると思います。

場所によって温度差があることもそうですし、部屋の中の上下に

温度差があるというのも大きいと思いました。

エアコンだけでは、顔は熱くなって、足元が寒いというイメージ

を持っていましたが、そうではない快適さを教えていただきまし

た。

 

 

そして嬉しかったことは、ご主人様がこのお家に帰ってこられることをとても

楽しみにしていらっしゃるとのことでした。

 

 

家って実際に生活してみないとわからないことが沢山あると

改めて実感しました。体感は本当に大事なものです。

 

こころよく、お話いただきましたY様

いつも素敵なお話ありがとうございます

読んでいただいた皆様、有難うございます。

よいお年をお迎えくださいませ。

お施主様にインタビューさせていただきました!

 

ココチの家スタッフの安部です。

先日の完成見学会では、本当に沢山の方にご来場いただき

とても嬉しかったです。

 

今回は、この見学会をご厚意で開催させて頂いたお施主様に

見学会終了後、産休でお休みをいただいていた安部にお話くださった

貴重なお話を書かせていただきたいと思います。

 

土地探しから家づくりをはじめられたお施主様、

本当に沢山の土地を検討され、ご自分の足でまわられ、そして見れば見るほど

迷いやご不安も感じられたそうです。

 

そんな時、ココチの家の「家づくりセミナー」に参加され、社長の原田から

「家の役割」について問われたそうです。

お施主様の中ではとても印象的だったその「家の役割」。

家の中の空気環境を整えることで健康でココチのよい家ができること。

見た目だけではなく、見えない部分が大事なことを何よりも感じていただいた

そうです。

 

そして、土地探しを含め建築士である社長の原田が1人何役も努めさせて

いただいた事が、安心感を持っていただけたとのお言葉を頂きました。

ママ建築士として女性目線で提案させていただく原田に信頼を頂き、

現場の「見える化」や女性目線でのイベントなどもとても楽しんで頂けた

とのことでした。

 

また、現場の職人さんたちのお仕事ぶりにもとても喜んでいただき、

ココチの家スタッフ一同とても嬉しく、こういったお施主様の思いを受け止めて

これからも頑張っていきたいと思いを強くしました。

 

「まだあるんです!」と沢山沢山お話いただきましたY様、

本当にありがとうございます。

嬉しいお話ばかりで、私自身とても感激してしまいました。

今回のお話を宝物にしてココチの家スタッフ一同、

今後も頑張ってまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

ブログ写真DSC_1215

あべノートです

構造見学会開催!

大切な事って見えないところにあったりします。

家づくりでとても大切な事を見て頂きたいです

9月22日木曜日 秋分の日に構造見学会を行います。

ポスティング用構造見学会チラシ

現在施工中のオウチ・・・。
職人さんに少し手を止めてもらって
建った後では見ることが出来ないオウチの中身見てみませんか?
その他・・・
子育て経験者のママ建築士がオウチの色々お悩み伺います。

参加してみたい(^0^)/って方は、お気軽にご連絡ください。
詳しい場所をお伝えさせて頂きます。

 

ココチの家 スタッフ

 
このページの上まで戻る